Environmental History

HAELE-4

7 月 2nd, 2022 Posted in 研究会等案内 | No Comments »

2022年8月8日(午後4時45分〜午後7時)HAELE-4[HAELE-4]

来たる8月8日月曜日、午後4時45分から午後7時にかけて、Zoomのオンライン・ハイブリッドで、HAELE-4を開催する予定です。

一橋大学名誉教授の斎藤修先生に「労働市場の歴史的スケッチ: 自由と不自由,エグジットとヴォイス,工業化以前と以後」と題したお話をお伺いする予定です。
仕事と労働に関して、「労働を供給する側、雇用する側」の「意思決定」に注目した新たな視点から、前近代から現在までを通底できる新たな概念装置をエヴィデンスに基づき提供して頂ける予定です。
どうぞ奮ってご参加ください。リーフレットを添付致します。興味をお持ちの研究仲間や学生、一般の方々にもご案内頂ければと思います。その際、HAELE(http://dlpweb.ed.kagawa-u.ac.jp/main/?page_id=462)のご紹介も合わせてお願い致します。
なお、ご出席頂ける場合には、下記にご登録をお願い致します。ZoomのURLを改めてお知らせ致します。
村山

HAELE-3

5 月 2nd, 2022 Posted in 研究会等案内 | No Comments »

2022年5月5日(午後1時〜3時半)HAELE-3[HAELE-3]

環境経済史研究会(HAELE)の第3回目の会合です。「気候学と歴史学との対話・環境史の視点から」と題したワークショップです。大気と空気という,人間の所有から最も遠い世界の問題を議論します。気候変動の根本問題を考える契機になればと考えています。

初めての方はHAELEのメイリングリスト用のFormsにご登録ください。今後の案内などもお送りします。また同時に,HAELE-3の参加登録も併せてお願い致します。出席者の確認用のFormsです。

村山

ウクライナ危機に関するワークショップ(3月29日火曜日)のご案内

3 月 25th, 2022 Posted in 研究会等案内 | No Comments »

HAELEならびに香川大学ICEDSの企画で、ウクライナ危機という由々しき現状に鑑み、経済史、環境史、現代史を専門とする歴史家が対話するワークショップ[GCS37]を企画しました。3月29日火曜日、日本時間の午後5時から7時です。英語での会合ですが、適宜、日本語での解説を組み込む予定にしています。どうぞ奮ってご参加ください。参加を希望される方はFormsにご登録ください。前日までにZoomのURL等をお送りします。

HAELE and Kagawa University ICEDS have organized a workshop [GCS37] for historians specializing in economic, environmental, and contemporary history to discuss the current crisis in Ukraine. The meeting will be held on March 29, 2022, from 5:00 to 7:00 PM (JST) in English, but Japanese commentary will be incorporated as appropriate. Please join us. Please register on Forms if you wish to attend. We will send you the Zoom URL and other information by the day before the meeting.

HAELE-2

1 月 15th, 2022 Posted in 研究会等案内 | No Comments »

2022年2月2日(午後4時〜6時)HAELE-2[Leaflet_HAELE-2]

環境経済史研究会(The Historical Association for Environmentally Local Economy)の第2回目の会合です。今回は瀧澤弘和さんにお話をお伺いし、今後のHAELEのあり方を考えたいと思います。どうぞ奮ってご参加ください。

初めての方はメイリングリスト用のFormsにご登録ください。

「環境経済史研究会」発足会ならびに合評会のご案内

11 月 12th, 2021 Posted in 研究会等案内 | No Comments »

2021年11月20日土曜日(午後2時〜6時)の発足会・合評会のご案内

趣意書はこちらから[HAELE_Founding_J]ダウンロードしてください。また、発足会・合評会のリーフレットはこちらから[HAELE_J]ダウンロードしてください。

日程等は下記の通りです。The Historical Association for Environmentally Local Economy (HAELE)(環境経済史研究会)のサイトはこちらからお願いします。

2021/11/20, Saturday, 14:00-18:00:

オンライン (Zoom)・ハイブリッド(東京会場:株式会社タナチョー本社、および、高松会場:香川大学;詳細は村山までお問い合わせください。)

田中廣『社会関係=分業論の視座:いま再びマルクス&ウェーバーの智慧に学ぶ』(中央公論事業出版、2021年)について、著者自身のご報告を受け、合評会を開催します。その合評会を契機として、The Historical Association for Environmentally Local Economy (HAELE)(環境経済史研究会)の発足会を同時に開催する予定です。

趣旨説明 (14:00-14:15)

合評会

司会:慶應義塾常任理事・池田幸弘

基調報告 (14:15-15:00)

田中廣(タナチョー・代表取締役社長)

ディスカッション (15:05-16:15)

Part 1: 経済学史・マルクス

東京大学院経済学科准教授・野原慎司

神奈川大学経済学部教授・的場昭弘

Part 2: 経済史・ウェーバー・環境史

神戸大学経済学部教授・重富公生

香川大学名誉教授・村山聡

HAELE発足会 (16:30-17:00)

自由討議 (17:00-18:00)

問い合わせ先:村山聡(香川大学名誉教授)Living Spaces Project, ICEDS, Kagawa University, Email: murayama.satoshi@kagawa-u.ac.jp(@は半角に変更してください)

参加申し込み:本会用のFormsにアクセスして必要事項をご記入ください。お申し込みは11月15日月曜日まで受け付ける予定にしております。Zoomの案内、会場の案内は別途お送りします。なお、コロナ禍でもあり、会場での対面式会合は人数制限を設けております。詳細は追ってお知らせします。

第22回環境史研究会ワークショップのご案内

2 月 15th, 2019 Posted in 研究会等案内 | No Comments »

瀬戸口明久さんからのご案内を転送します。

環境史研究会の皆さま、

前回の11月の森林ワークショップが終わったばかりですが、次の環境史研究会についてご案内します。今回は川口洋さんのご尽力で、日本人口学会関西地域部会などと共催でおこなうことになりました。まだだいぶ先ですが、ふるってご参加ください。

来年10月の台南のAEAEHのcall for paperが出ています(〆切り2/28)。 こちらも発表、パネルをご検討ください。

それではよいお年をお迎えください。

テーマ:天明‐天保期の東北地方における気候と人口 -歴史気候学との対話-

日時:2019年3月23日(土)10:00~17:30 場所:京都大学人文科学研究所4階大会議室 http://www.zinbun.kyoto-u.ac.jp/access/access.htm 共催:日本人口学会関西地域部会,  環境史研究会,麗澤大学・歴史人口学セミナー

開会の挨拶・趣旨説明 川口 洋(帝塚山大学)

第1報告,報告40分,討論20分,司会:藤原辰史(京都大学人文科学研究所)日射量でみる天保期 ‐日記天候記録を用いた気候復元‐(市野美夏・人文学オープンデータ共同利用センター)

第2報告,司会:藤原辰史(京都大学人文科学研究所)18-19世紀の歴史気候資料による気候復元(平野淳平・帝京大学)

昼休み 12:10~13:00

第3報告,司会:瀬戸口明久(京都大学人文科学研究所)18-19世紀の会津郡高野組における天候・作況・農業・人口(川口洋・帝塚山大学)

第4報告,司会:瀬戸口明久(京都大学人文科学研究所)18-19世紀の飢饉・短期経済変動と二本松藩の人口(黒須里美・麗澤大学)

第5報告,司会:髙橋美由紀(立正大学)東北地方の過去帳からみた18-19世紀の死亡危機(溝口常俊・元名古屋大学)

総合討論:コメント各10分,討論60分,司会:中澤 港(神戸大学)

討論者:池本裕行(高野山大学),佐藤廉也(大阪大学)、増田耕一(首都大学東京)

閉会の挨拶 村山 聡(香川大学)

終了後に懇親会を予定しています。


瀬戸口 明久/SETOGUCHI Akihisa

京都大学人文科学研究所

〒606-8501 京都市左京区吉田本町

TEL:075-753-6932

第21回環境史研究会ワークショップのご案内

11 月 13th, 2018 Posted in 未分類 | No Comments »

東京農工大の竹本太郎さんのメイルを転載します(一部省略しています):

みなさま、

すっかり秋の空気になりました。みなさまいかがお過ごしでしょうか。

過日、お知らせした通り、下記の日程で第21回環境史研究会ワークショップを開催します。今回は、科研費(水野祥子さん代表、中島弘二さん代表)で開催する国際ワークショップに、環境史研究会ワークショップを重ねていただきました。

【第21回環境史研究会ワークショップ】

日時:11月23日(祝)13:00-18:20、24日(土) 10:00-16:30

場所:駒沢大学

23日は深沢キャンパス Lecture Room 2-1、24日は246会館 7Fで会場が異なります。

(添付ファイルに地図を用意してあります。ちなみに246会館は国道246号沿いにあります)

内容:“Empire Forestry Networks and Knowledge Production”

Part-1: Knowledge and Practices in British Colonial and Postcolonial Forestry Networks

Part-2: Knowledge and Practices of the Japanese Empire Forestry

今回お招きしている海外研究者2名のプロフィールも添えておきます。

Prof. Gregory Barton (Western Sydney University)

https://www.westernsydney.edu.au/staff_profiles/uws_profiles/professor_gregory_barton

Prof. Brett Bennett (Western Sydney University)

https://www.westernsydney.edu.au/staff_profiles/uws_profiles/associate_professor_brett_bennett

みなさまの参加を心よりお待ちしております。以上、どうぞ宜しくお願いします。

个个个个个个个个个个个个

竹本太郎@農工大ルーラル

042-367-5635 (内線5635)

第20回環境史研究会ワークショップのご案内

3 月 15th, 2018 Posted in 未分類 | No Comments »

藤原辰史さんからの案内を転送します。

環境史ワークショップのみなさま

少しずつ暖かい風が届くようになりましたが、みなさかいかがお過ごしでしょうか。たいへん遅くなりましたが、ようやく調整ができましたので、4月4日第20回環境史研究会ワークショップの詳細をお伝えいたします。

今回は、核の問題にずっと関わってこられた写真家お二人に、ご自身の写真をスライドで見せていただきながら語っていただく、というたいへん贅沢な企画となっております。天津で西佳代さんが組織されたパネルで、新井さんと同じになったご縁で、このような会を開くことができました。

お二人にあらためてお礼を申し上げます。

新井さんの美しすぎるHPについてはこちらです。http://takashiarai.com

豊崎さんとはまだメールや電話でのやりとりだけですが、核の現場に足を運び、数々の凄まじい写真と文章を残してこられます。『アトミック・エイジ』(必見!)などたいへん話題になった写真集でご存知の方も多いと思います。豊崎さんの発表内容については、添付ファイルをご覧ください[近く、Eventsのサイトに掲載します]。

また、今回は、お二人を関東方面からお呼びするということで、下記の「全学経費」から援助をいただくことになっており、わたしもメンバーである人文研の研究班からも何人か出席する予定です。

桜の季節ですので、京都のホテルが高騰し始めております。宿泊予定の方はやめの予約をお勧めします。

では、万障繰り合わせのうえ、ぜひお越しください。

(藤原辰史)

日程:2018年4月4日(水)13:00−18:00(終了後懇親会の予定)

場所:京都大学人文科学研究所1Fセミナー室1(正面玄関から入ってすぐ右の部屋です)http://www.zinbun.kyoto-u.ac.jp/access/access.htm

内容:核の時代を写真はどうとらえてきたのか――豊崎博光と新井卓の理論と実践

豊﨑 博光「見えない核を撮る」

新井 卓「〈写真〉から小さな記念碑の時代へ──他者の記憶はいかにして分有できるか」

共催:

京都大学人文科学研究所共同研究班「生と創造の探究:環世界の人文学」

京都大学全学経費「「芸術と対話しつつ生きる価値を創造する京都発人文科学」プロジェクト」

***********************

606-8501

京都市左京区吉田本町 京都大学人文科学研究所

藤原 辰史

電話/FAX:075-753-6922

fujihara@zinbun.kyoto-u.ac.jp

***********************

第19回環境史研究会ワークショップのご案内(詳細)

7 月 11th, 2017 Posted in 未分類 | No Comments »

東京農工大の竹本太郎さんからのご案内を転送します。

みなさま

いよいよ真夏のシーズンになりますが、いかがお過ごしでしょうか。今月23日のワークショップの要旨が届きました。たくさんのみなさまのご参集を心よりお待ちしております。

【日 時】 2016年7月23日(日)13時~17時

【場 所】 東京大学農学部1号館3階 農経会議室

【懇親会】 17時半ごろから東大農学部近辺にて

【題目と報告者】

「寒冷地稲作の拡大要因に関する農業気象的考察-20世紀後半・中国黒竜江省の事例」

福原弘太郎(東京大学大学院農学生命科学研究科)

中国東北部の黒竜江省では1980年代以降,水稲生産の拡大が続いている。農業経済や歴史学の先行研究では,この拡大の契機を日本から導入された畑育苗技術を中心とする一連の農業技術に求めているが,その寄与度についての定量的な検討はなされていない。他方,気象学分野では,20世紀後半以降顕在化している温暖化傾向が水稲の生育に有利に働いたとする研究が存在するが,技術の変遷についての検討が乏しい。本発表では,黒竜江省における水稲収量(単収)増大について,農業気象的アプローチによって要因解析を行うことを試みる。すなわち,栽培技術や品種の導入・普及を,温度や日射などの気候資源の利用可能量を増加させるプロセスとみなしたうえで,上述の技術・気象変化などの諸要因が寒冷地である同省の水稲収量増大にどの程度寄与したのか,可能な範囲で定量化を行いつつ,全体像を描き出すことを目指す。

「近現代中国東北地域の自然環境」

永井リサ(九州大学総合研究博物館)

中国東北部は中東鉄道(東清鉄道)を境に、西側は草原、東側は森林地域にほぼ分かれるが、明代から農耕に適した遼河流域を中心に農業開発が行われていた。清代の中国東北部では、遼河流域では農業が行われ、東部では皇室や八旗狩猟場である圍場、朝鮮人参採取場である参山、西部では皇室用牧場である官牧廠(官営牧場)が設定され、漢民族の流入による農業開発に一定の歯止めの役割を果たしていた。清末に入りこれらの制度が形骸化すると、清朝はこれら皇産を丈放(民間払い下げ)するようになり、中国東北部の農業開発が全面的に進むことになった。本発表ではこの明代から戦前までの中国東北部における農業開発過程について、森林、草原地域の減少という面も合わせて報告してみたい。

第19回環境史研究会ワークショップのご案内

6 月 25th, 2017 Posted in 未分類 | No Comments »

竹本太郎さんからの案内を転送します。

みなさま

ようやく本格的な梅雨空になってきましたが、いかがお過ごしでしょうか。第19回環境史研究会ワークショップを東京大学にて7月23日(日)に開催します。今回は旧満州、中国東北地域に関する報告です。申込不要で無料です。多くの方の参加を心よりお待ちしております。お問い合わせは竹本太郎(take@go.tuat.ac.jp)まで。

【日 時】 2016年7月23日(日)13時~17時

【場 所】 東京大学農学部1号館3階 農経会議室

【懇親会】 17時半ごろから東大農学部近辺にて

【題目と報告者】

「寒冷地稲作の拡大要因に関する農業気象的考察-20世紀後半・中国黒竜江省の事例」福原弘太郎(東京大学大学院農学生命科学研究科)

「近現代中国東北地域の自然環境」永井リサ(九州大学総合研究博物館)